葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは?

葉酸サプリと薬との組み合わせで気を付ける栄養素について前述しましたが、それでは葉酸を具体的に摂取する場合には、一体どのようなものが葉酸の吸収を促進し、逆にどんなものが葉酸の吸収を阻害するのでしょうか。

葉酸の吸収を促進する栄養素

葉酸はビタミンMもしくは造血ビタミンとも言われている水溶性ビタミンになります。
葉酸は赤血球を生成して、胎児の神経管閉鎖障害のリスクについて軽減させてくれるような効果を発揮する重要な栄養素ですが、この葉酸の役割を発揮させるにはビタミンB12が必要になってまいります。
葉酸は単体では葉酸本来の持つ力を発揮することは出来ません。
具体的には、葉酸とビタミンB12は一緒に摂取するといったことが求められます。ビタミンB12が一緒に摂取されて葉酸は本来の持つ役割を担います。

また、葉酸は食事より直接摂取するより葉酸サプリからの摂取する方が吸収率は断然良いとされています。2010年度版日本人の食事摂取基準では食事性葉酸の相対生体利用率は約半分としており、葉酸サプリに入っている「モノグルタミン酸型」の葉酸と比べるとその25~81%か吸収されないといった報告がされています。食事からの場合になりますと水溶性ビタミンということで水に溶けたり、熱で駄目になってしまうパターンがありますので、実際の吸収率が更に低下するといわれています。

葉酸の吸収を阻害する栄養素

葉酸の吸収を阻害するものとしましてはタバコ、アルコールが挙げられます。

タバコ、アルコールはどちらも大量の葉酸を消費してしまうので、常にタバコを吸ったりアルコールを飲んでいるような人はそうではない人に比べて葉酸が慢性的に不足してしまう状態である可能性が高くなります。

また、妊娠中の女性でしたら、タバコ、アルコールそのものが胎児に悪影響を与えてしまうので控えた方が良いです。タバコ、アルコールともに胎児の先天性障害の可能性を上げてしまうからです。また、先天性リスクを低減させような効果を持つ葉酸の働きを減少させてしまいますので、尚更妊婦の方にとっては良くありません。また妊娠前の女性も妊婦の方と同様に、厚生労働省より推奨されている1日400μgの値の葉酸摂取が求められますから、妊娠を考えている段階よりタバコとアルコールはまず控えた方が良いと考えられます。
そして、男性についても葉酸不足によって染色体異常を引き起こすこともありますから、男性もタバコ、アルコール等は控えた方が良いと考えられています。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top