卵管周囲癒着も不妊の原因?

不妊の原因として考えられるものに、卵管周囲癒着といったものもあります。これは卵管障害の中でも最も多い症状となっておりまして、卵管内で炎症が起き、卵管内に粘液栓ができたりしたり、性感染症などが原因となって、卵管の通りが悪くなってくるような状態をいいます。

卵管周囲癒着のメカニズム

卵管といえば卵巣と子宮を繋いでいるものです。卵巣より排出された卵子についてキャッチしまして、卵管内にて精子と卵子は受精するのです。その後、胚分割しながら卵管を通り子宮へと送られるのです。
そこで卵管の通りが悪くなってしまっていると、このような過程は行えなくなってしまうので自然妊娠が難しくなってきます。
卵管癒着は卵管内に限りません。卵管周囲にて起こっていることもあります。卵管と卵巣の癒着や卵管采と卵巣の癒着になっているような人もいます。
卵管采が癒着してしまいますと、卵巣より飛び出た卵子についてうまく取り込むことができないため、受精させるといったことも出来なくなるのです。

卵管周囲癒着の原因

卵管癒着の原因としていくつか挙げられますが、一つには、開腹手術をしたことによっての卵管周囲の癒着、性感染症の一つであるクラミジア感染症からくる卵管炎や腹膜炎、そして子宮内膜症による癒着の3種類に大別されます。

卵管周囲癒着の診断方法としましては、卵管が癒着している自覚症状はほとんどありませんので、気づかないうち癒着を起こし妊娠しずらくなっているケースが多くあります。
卵管周囲癒着の存在を知るためには子宮卵管造影検査及び腹腔鏡検査を行います。
子宮卵管造影検査とは、卵管が通っているかとか、お腹や卵管周囲の癒着の有無を調べる検査になります。
一方、腹腔鏡検査は腹部に小さな穴を開けまして、そこから腹腔鏡といったカメラを挿入して、卵管や子宮、卵巣の様子について直接確認する検査となります。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top