妊娠しやすい体質作りとは?妊娠初期症状について知ろう

不妊治療を成功させたいと思っている人の足を引っ張っるものが、毎日食べている食事が原因となっている例が、現代においては意外に多くなっています。

妊娠を妨げる要因とは?

妊娠を妨げる食養生においてのルールがあるのを皆さんは果たしてご存知でしたか?
それは、実はこの大きな成分として水があるのです。
この摂り方によって体の細胞は若返ったり、また老化したりしていきます。分かっている人もいるとは思いますが、これらのものについては実は「習慣」によるものであることが大きいのです。

まず水ですが、水は我々人間に絶対に必要な「栄養素」となります。
私たちの体は水で出来ていますし、水がなければ生きてはいけません。
この水分の入替えがうまくいかないと、細胞や血液、リンパも汚れて、機能低下を起こすといった細胞の老化現象が発生してしまいます。
その体内代謝を良くするにあたっては平均、1~1.5リットルの水分補給が目安といわれています。
また摂る水にもこだわりましょう。カフェインや砂糖入りの飲料水は「水」の代わりにはなりません。カフェイン中毒や砂糖中毒の人も現代では多く見られますが、毎日ほぼコーヒーやお茶、清涼飲料水といったことでは、細胞内の水分の入替えは困難です。
もちろん水道水ではなくて、軟水をメインとしてミネラルウォーターをとるようにしましょう。浄水器やウォーターサーバー等利用するのも良いでしょう。
まず溜まっている水の解毒をし、毎日、質の良い水を体内に吸収させることにより、質の良い細胞が生成され、やがては細胞が若返って、精子や卵子も元気になっていきます。
食べ物から人間は基本できています。良いものを食べれば良い心及び体がつくられます。逆に悪いものを食べれば悪い心及び体が出来てしまうのです。

妊娠初期症状って一体?

そのように食生活に気を付けつつ、妊活をしていたら、やがて妊娠初期症状も出てきて、妊娠かもといった期待を抱ける状況が出てくるかと思われます。
さて、そのような妊娠職症状と言ったら一体どのようなものが挙げられるのでしょうか?

まず、妊娠週数の数え方は少し特殊となります。前回の生理開始日を0週0日で、次回の生理予定日を4週0日と数えます。0週0日より3週6日を妊娠1ヶ月、妊娠4週から妊娠2ヶ月といった形で数えるのです。

一般の妊娠検査薬が使えるのは生理予定日の1週間後ですから、一般的に検査薬で陽性が出まして妊娠が判明する時点では5週0日以降となります。すでに妊娠2ヶ月ということになります。生理が28日周期の場合でしたら、280日目にあたる40週0日についてが出産予定日ということになってきます。

妊娠初期症状が始まるの妊娠3週目からと言われています。

妊娠初期症状を感じる人の中に、3週目頃よりなんとなく体調に変化があるといったことに気づくような人が多く、4週目頃になりますと、吐き気や頭痛といったつわりのような症状を感じる人が出てきます。
そして、4週目で生理が来ないといったことにも気づきます。

市販の妊娠検査薬での判定においては、大体生理予定日1週間後からとなっています。最近の妊娠検査薬の精度は高いので、検査薬で陽性が出てこれば、その時点で妊娠が成立しているといえますので、検査薬で判定できる以前に出ている不快な症状については特に「妊娠超初期症状」と呼ぶともいわれています。

妊娠超初期症状の中には、「着床出血」といった着床出血の際の腹部の鈍痛やチクっとした痛みが発生する人もいます。ただし着床出血は妊娠したすべての人において体験する訳ではございません。症状が現れる人の割合といえば、一説によると全体の2%位から10~20%程度とも言われおり、一部の人に現れる症状すから、参考程度に考えておきましょう。

妊娠超初期に現れる妊娠兆候としましては、胸の張り・痛み、腹痛・下腹部痛、頭痛、腰痛、体のだるさや眠気、食の好みの変化、おりものの変化、においへの敏感さ、足の付け根の痛み、トイレが近くなること、下痢、のどの渇き、肌荒れ、微熱・熱っぽさを感じることや寒気を感じること、疲れやすくなること、吐き気を催すこと、自分の子供の様子等が挙げられると言われています。

これらの妊娠の兆候を早く知ることができたら、薬やお酒を控える等、妊娠に向けた生活習慣を見直す目安として役立てられます。ただし妊娠超初期症状だけで妊娠しているといった確定にはなりませんから、あくまでも一般論として考えて、最終的な判断は妊娠検査薬の使用が可能な生理予定日一週間後まで待つようにしましょう。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top