子宮内膜症も不妊の原因?

子宮内には、受精卵が着床するためのベッドの役割をする子宮内膜が存在します。子宮内膜細胞は身体内でも最も細胞増殖の盛んな細胞で、エストロゲンの影響により増殖しまして、高温期になるとプロゲステロンの働きによってその増殖が止まります。
本来、子宮内にだけあるはずの子宮内膜によく似ている組織が、子宮の外側、例えば卵巣、腹膜、直腸、膀胱等に発生して、月経の都度に出血をくり返してしまう病気のことを子宮内膜症と呼んでいます。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状は、強い下腹部痛や腰痛等の月経痛といったものは7~8割方です。そして痛みについては年数が経る度に強まっていくのが特徴となっています。進行すると、臓器が癒着をおこすので月経以外でも下腹部痛及び腰痛が発生することもあり、かなり深刻な症状となります。
その他には性交痛や排便痛等がみられることもあったりします。

子宮内膜症が発生しやすい場所は骨盤に守られる下腹部の内部です。卵巣や子宮、ダグラス窩、腸や直腸といった腹膜や臓器の表面や、卵巣の内部そして子宮の筋肉層や腹膜表面より少し内部に当たる位置等が挙げられます。肺やへそ等もごく稀に発生することがあります。

子宮内膜症と不妊の関係

不妊原因で最も多いといわれるのは、原因不明の機能性の不妊であるのですが、その大きな原因の1つとなっているのは、この子宮内膜症ではないかと考えられています。子宮内膜症患者の約半分は不妊を訴えているといったデータもありまして不妊症と子宮内膜症との関係は深いことが分かっています。

子宮内膜症が妊娠に影響する因子としましては、チョコレート嚢腫というような卵巣の病変や、卵巣より出た卵子を取り込めないといった卵管及び卵管采の癒着による卵子のキャッチアップ障害、マクロファージ等の免疫関連の亢進からくる障害、プロスタグランジンやサイトカイン増加によって受精卵やその子宮内環境への悪影響等が考えられています。
子宮内膜症では、これらの要因といったものが複雑に関わって妊娠しにくい状態になっていると医療現場では推察されています。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top