無排卵月経によく使われる中国漢方薬の治療法とは?

結婚して通常の夫婦生活をしているのにも関わらず、2年以上子供ができないといった場合は一般に不妊症といわれます。最近では1年で子供が出来ない場合何らかの不妊につながってくる障害があるといった考え方もあるようです。
近年中国においては中西医結合といって伝統的な中国医学の治療法と西洋医学の考え方を結合しまして、治療効果を高めるといった方法が一般的に行われています。

周期療法とは

周期療法はこの中西医結合によって作られた治療法です。周期療法の最大の特徴は、生理周期にあわせ漢方薬を使い分けて妊娠の確率を高めていくことです。
周期療法は生理周期である生理期、低温期、排卵期、高温期にあわせた形で異なる漢方薬を服用しますが、各時期の基本的な治療方針については以下のようになっています。

1.生理期
活血薬と理気薬を併用しまして、子宮内の血液をきれいに排出させます。

2.低温期
補陰血薬を中心にして少量の補陽薬を併用し、子宮内膜を増殖しまして成熟卵胞を育てます。

3.排卵期
補精薬と活血薬を併用し、排卵をスムーズにします。

4.高温期
補陽薬を中心として少量の補陰血薬を併用し、受精卵を子宮内に着床させて妊娠を継続できるようにします。

女性の体は生理周期によって女性ホルモンの分泌が異なって体調も変わってきますので、生理周期に合わせた漢方薬を使い分ける周期療法は大変効果的と考えられています。

周期療法の実践的な考え方

周期療法の具体的な方法は、代表的な8つのタイプの基礎体温で見ていきます。周期療法に使う漢方薬は代表的な方法を例示します。

1.正常タイプ

正常な基礎体温でしたら、まず高温期が12~14日続き、高温期と低温期の差についてが 0.3~0.5度あり、低温から高温へと1~2日以内に移行していくといった3つの条件が揃っています。
ただし、このような正常に近い基礎体温でも妊娠できない時には、基本的な周期療法を行います。

1.生理期・・・婦宝当帰膠、折衝飲等。

2.低温期・・・婦宝当帰膠、杞菊地黄丸或は六味丸、益陰等

3.排卵期・・・婦宝当帰膠、冠元顆粒、参馬補腎丸、益陽等

4.高温期・・・婦宝当帰膠、参馬補腎丸、益陽等

2.低温期が長くて高温期が短いタイプ

不妊症の人に良く見られるタイプで、卵子の成熟が悪くて排卵が遅れ、その結果として黄体ホルモンの分泌が悪くなる状況です。西洋医学では黄体機能不全、軽度の排卵障害等の理由が考えられます。
このタイプの人は低温期に陰血不足し陰が長じることができないことから、排卵期にスムーズに転化できないで、高温期に陽が不足してしまって短くなります。低温期にしっかりと陰血を養いつつ少し陽を補うことが大切です。

3.高温期が不安定なタイプ

高温期の途中において体温が下がったり、生理が近づいたら体温が下がるタイプとなります。西洋医学では黄体機能不全と考えられています。
このタイプは陽気の不足から高温を維持することが不可能となっています。高温期に陽気を補っての体温維持が大切です。

4.高温期への移行のゆるやかなタイプ

このタイプも不妊症の人に比較的良く見られるものです。西洋医学では黄体機能不全、排卵障害、高プロラクチン血症等が考えられています。
このタイプは排卵期に、陽気不足から体温が上がらないケースや淤血などが体温上昇を妨げるケース等が考えられます。プロラクチンが高いといった点が原因になるケースも見られますので、全身症状より弁証し適切な漢方薬を組み合わせるようにします。

5.波動が激しいタイプ

ストレスが多くて、自律神経が不安定な人に良く見られることが多いです。西洋医学でしたら高プロラクチン血症、月経前緊張症候群、自律神経失調症等考えられます。
このタイプはストレスから肝気の疎泄作用が乱れて、体温も不安定になりますので、肝気を整えストレスを和らげるといったことが大切になります。

6.高温期が長すぎるか高すぎるタイプ

高温期が14日以上続く、若しくは高温期と低温期の温度差について0.5度以上あるタイプとなります。不妊症では実は少なくて、西洋医学では黄体萎縮不全、月経前緊張症候群等考えられます。
このタイプは陽の気が過剰となっており、いらいら、ほてりといった症状が良く見られますので、陰を補いつつ陽の気を静めるといったことが大切です。

7.低温期が短いか高すぎるタイプ

低温期が短くて排卵が早い若しくは低温期の体温について高すぎるタイプとなります。西洋医学ではホルモン分泌過多といったことが考えられます。
このタイプは陰が不足していて相対的に陽の気が過剰になっており、陰が不足していることから排卵期のおりものが少ないことが多いのです。低温期にしっかり滋陰を行うといったことが大切になります。

8.高温期がないタイプ

いわゆる無排卵のタイプです。西洋医学では卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症等が考えられています。
このタイプは排卵がありませんので、周期療法の施行は困難です。無月経の場合は補腎と養血及び活血の漢方薬を症状によって加減して服用させるようにします。

これらのうち1から7のタイプについて、時には2つ3つのタイプが混在していることもあります。このようなケースは基礎体温と体質、症状についてよく分析して、個々の体質に合った漢方薬を選択するといったことが大切です。
周期療法でよく使われる漢方薬については、下記のものになります。

1.養血薬・・・婦宝当帰膠、当帰芍薬散、紅沙棘等

2.補腎薬・・・杞菊地黄丸、六味丸、瀉火補腎丸、参馬補腎丸、参茸補血丸、海精宝、益陰、益陽等

3.活血薬・・・冠元顆粒、血府逐淤丸、折衝飲、温経湯、キュウ帰調血飲第一加減、水快宝、爽月宝等

4.疏肝薬・・・星火逍遥丸(逍遥散)、加味逍遥散、キュウ帰調血飲、四逆散等

5.化痰薬・・・星火温胆湯(温胆湯)、二陳湯、半夏厚朴湯等

6.免疫調整薬・・・衛益顆粒、インターパンチ、シベリア霊芝、五衡丹等

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top