葉酸と薬の飲み合わせについて

多くの方は葉酸サプリを摂取する際には、他にも薬を飲んでいるのですが、一緒に飲んでも平気なのかといった点や、頭痛薬や腹痛薬等が発生した際に突発的に飲む薬も一緒に飲んでも大丈夫なのかといった疑問を持つかと思われます。
自分の体だけでしたらまだいいのですが、胎児に関わるかもしれない場合にはサプリの摂取も慎重になるのは当然でしょう。
サプリによっては医薬品の効果を高めることがったり、弱めたりしてしまうような可能性もあるので知識として知っておくべきです。
ここではサプリと薬の飲み合わせについて解説していきましょう。

葉酸サプリと薬の飲み合わせは基本的には問題ないと言われますが・・・

葉酸サプリは医薬品ではなく、栄養補助食品や栄養機能食品として販売しているところがほとんどですので、おそらくどこの葉酸サプリのメーカーに問い合わせたとしましても薬と飲み合わせても問題はないといった回答が返ってくると思います。

葉酸自体でしたら特に問題はございませんが、葉酸サプリに含まれるその他の成分の中には薬との飲み合わせで注意しなければいけないといったものもあることがありますので注意が必要です。

気を付けたい栄養素はコエンザイムQ10です

葉酸サプリにはコエンザイムQ10が含まれているものもあります。コエンザイムQ10はコレステロールを下げてくれるスタチン系の薬を飲む場合には逆に欠乏してしまうといった可能性があります。
具体的にはメバロチン、リポバス、ローコール、そしてリピトール等がそれに該当する薬品名となります。
これらの役割については体内にコレステロールが生成されることを防ぐ効果があるのですが、同時にコエンザイムQ10の生成についても抑制してしまうのです。
そのためにコエンザイムQ10はさらに摂取しなければいけなくなってしまいます。

また、ワーファリンといった血栓ができることを防ぐ薬を摂取しているような場合でしたら、逆にコエンザイムQ10といったものが、この薬の効果について下げてしまうような可能性もありますので注意しましょう。

クロレラやビタミンK及びビタミンEなども注意しよう

クロレラ・ビタミンK・ビタミンE等も前述したワーファリンなどの抗血液凝固剤と相互作用があると言われています。
糖尿病などで血糖値に影響するような薬を飲んでいる方については注意するようにしましょう。
そして不安な方については、かかりつけの医師に相談することを勧めます。

栄養素同士の飲み合わせにも注意しよう

医薬品ではないからとサプリメントを何種類も飲むといったことは控えるようにしましょう。
たとえ栄養素同士であっても組み合わせによってはお互いの吸収や働きについて邪魔するような可能性があります。
例えばビタミンAとビタミンDでしたら、ビタミンAを大量に摂取しますと、体内のビタミンDの働きは抑制されてしまいます。逆も同様です。

そのためバランスよく過剰摂取にも注意して摂取することが大事です。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top