不妊症の治療方法として排卵誘発剤を使った方法とは?

不妊治療においては、タイミング指導法及び人工授精といった個々人の不妊段階に併せて様々な方法が確立されつつありますが、このような一般的な不妊治療において使われる薬としてはどのようなものが挙げられるのか考えてみましょう。

ポピュラーであるのは排卵誘発剤

最もよく使われる排卵誘発剤としては「クロミフェン」と呼ばれる排卵誘発剤で、この薬を使った卵巣刺激法はポピュラーだと言われています。これは卵を育てる薬となっておりまして、排卵していなかったり、排卵し難いといった場合に使われます。これは排卵障害のための治療として使う薬剤となっています。
排卵誘発剤で卵巣の働きを助けると、周期が整って、卵がきちんと育つようになります。周期が整ってくると、排卵の機会も増加し、排卵のタイミングが判明しやすくなり、妊娠しやすくなるのです。
更には、卵がしっかり育つようになると、その結果、卵の質が良くなったり、 黄体ホルモンの分泌が促進れることで、高温期が安定するよういなったりして、最終的には妊娠しやすくなるのです。
この排卵誘発法によって使用されるクロミフェンは比較的手軽に使えて、妊娠の助けになってくれるといったメリットが非常に大きい薬であるといえるのですが、効き目が思わしくない場合になりますと、より強い作用の排卵誘発剤としまして注射薬を使用する方法もあります。
クロミフェンを使った治療は、脳に働きかけて 、卵胞を育てるホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やす形で、間接的に卵巣に働きかける方法です。

それに対して、注射薬になりますと、卵胞刺激ホルモンそのものを注射します。卵巣を直接刺激しますので、排卵誘発作用は当然強くなります。
注射薬には、 卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを含むゴナドトロピン製剤と黄体化ホルモンをほとんど含まない卵胞刺激ホルモン製剤があって、患者さんの状態に応じ使い分けます。

排卵誘発剤の使い方としましては、1個の卵子を育てて、排卵障害を治療したり、排卵を整える以外に、 複数の卵胞を育てまして妊娠率を高めるため使う場合もあります。これは主に、体外受精や顕微授精といった高度生殖補助医療での使い方となります。

このような製剤を使った排卵誘発法にも、段階に応じて低刺激、中刺激、高刺激に分けられます。
日本産科婦人科学会の生殖補助医療実施登録医療機関となっている医療機関であれば、その機関で行った全ての体外受精について、その治療内容と転帰を報告する責務を負っています。このような医療機関を選択すれば、安心して個々人に合った排卵誘発法による治療が可能ですので、このキーワードを元に具体的な病院を調べてみて下さい。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top