排卵検査薬の種類と選び方は?

排卵検査薬とは、排卵前で上昇する黄体刺激ホルモンについてのチェックすることで、排卵のタイミングの確認をするためのものとなります。排卵のタイミングを簡単に知ることが出来ますので、妊娠を望む人にとっては強い味方となります。

ドラッグストアで購入可能な時期もありましたが、2009年の薬事法改正で、調剤薬局でなければ基本は取り扱うことができなくなっています。購入する際には薬剤師さんに排卵検査薬がほしいことを伝えて、住所氏名連絡先を登録する必要がございます。薬剤師がいないお店でなくては購入することができないことから、インターネットにての販売も禁止されているのですが、排卵検査薬には海外製のものもありまして、これらの海外版は代理店を介してインターネットで購入することが可能です。

排卵検査薬の種類と特徴

排卵検査薬は数々の種類があります。基本的な使い方はどれも同様です。ただし、正しい判定結果を得るにあたっては、説明書をよく読んで、尿排卵検査薬については8時~20時の間であれば、どの時間帯で検査を行うようにしても問題はありません。それ以外の時間の使用は、正しい結果が得られないといった可能性もありますから避けるようにしましょう。
まず始めに、排卵検査薬を準備し、容器に取った尿にひたす、または直接検査薬に尿をかけるようにします。その後、平らな場所に数分間放置します。そして判定窓の判定結果について読み取ります。

使い方自体は非常に簡単で、初めての人でも説明書をよく読んで、正しい使い方をしたら安心して使うことが可能です。

排卵検査薬には大別すると3タイプに分類ができます。まず、安価な検査紙タイプ、少し高価なスティックタイプ、そして最も高価なデジタル表示タイプです。どのタイプも尿中の黄体刺激ホルモンを検出し判断するといった仕組みは全く変わりませんし、精度も大差はありません。

ただし、反応する黄体刺激ホルモン濃度には排卵検査薬によって差があります。それを感度の差というのですが、感度が一番良いものは、ホルモンの検出量が一番低くとも反応確認できる薬ということになってきます。表示の仕方でみますと「10IU/mL」等で表示されます。IUとはホルモンなどを表す単位になっていて、1mL中に10IUのホルモンが存在した場合には感知するといった意味です。

ホルモンの検出感度が高くなれば陽性反応が早めにでてきますので、感度が低いものに比べ排卵までの時間が長くとれるといった利点があります。逆に感度が低くなると、排卵までの時間が短いことから、朝に陽性が仮に出ても、その日の夜までの間で排卵が終わってしまうといったことも考えられます。

しかし、それだからといって感度が高ければ良いという訳ではありません。黄体刺激ホルモンは排卵の時のみ分泌されているといった訳ではなく、普段も少しずつ分泌されていますので、もともとの分泌量が多い人だった場合には陽性反応が継続して出てしまうことにもなりかねません。

通販で買えるおすすめの海外版の排卵検査薬

海外製は不安というような人もいるかもしれませんが、排卵検査薬は海外製が実はお勧めです。国内製のものと比べ排卵日を予測する精度に変わりがなく、しかも価格が安いからです。インターネットで購入できますのでプライバシーが守られるといったことも大きな利点になります。信頼できる検査薬は下記のものがあります。

1.ワンステップ排卵検査薬

国内製の有名な排卵検査薬と同様の検査システムを採用していて、日本でいうと厚労省にあたる米国FDAより承認をうけている製品となっています。一回あたりの検査費用は国内製品は500円前後であるのに対して、こちらは80円程度で購入可能です。陽性反応は20IU/mLといわれており、2日前より検出可能です。

2.クリアブルー・イージー

デジタルで検査結果が表示れるので陽性反応が判明しやすく、非常に正確です。コストも国内製の使い捨て検査薬と同様の一回500円程度です。陽性反応は50IU/mLといわれており、2日前から検出可能です。

3.クリアブルー排卵検査器タッチパネル式

前述の2種類についての検査薬は黄体刺激ホルモンだけチェックするものですが、クリアブルー排卵検査器タッチパネル式になりますと卵胞ホルモンも同時にチェックしますので、排卵日の5日前から予測することが可能となっています。高性能で高精度な本格的な排卵検査器となります。

おすすめの日本版の排卵検査薬

2009年の薬事法改正から、調剤薬局にての取り扱いしかできなくなりましが、安心して国内製を購入したいという人のために国内製排卵検査薬をご紹介しましょう。

1.新ドゥーテストLH

ロート製薬から発売の製品で、約1日前に最も妊娠しやすい時期である排卵日予測をする検査薬です。初心者でも使いやすくて人気の商品の商品となっています。

2.チェックワンLHデジタル

検出感度は40IU/mLとなっており、最も妊娠しやすい排卵日前及び当日の2日間で教えてくれます。約3分間で判定できまして、液晶画面にマークが表示されますから、検査結果を自分で読み取る形で判断する必要がなく、楽に利用できます。

INFORMATION

2016/07/17
子宮内膜症も不妊の原因? ページ更新しました。
2016/07/10
男性不妊の症状と治療方法とは? ページ更新しました。
2016/07/03
高齢や卵子の老化が不妊症の原因? ページ更新しました。
2016/06/26
葉酸の吸収を促進するもの、阻害するものとは? ページ更新しました。
2016/06/19
葉酸は妊娠中期や後期においても必要です ページ更新しました。
Page Top